企画書を作ろうと思っても、何から手を付けたらいいのかよく分かりませんよね。また、どうすれば分かりやすいものが作れるのかも、経験が無い人にとっては難しい問題でしょう。なので、いざという時のために、企画書のフォーマットを理解するようにしましょう。

フォーマットを知っていれば、それに当てはめて作るだけでそれなりのものが完成します。また、分かりやすく表現することも可能なのでビジネスマンにとっては、非常に役に立つものだと思いますよ。しっかりと、覚えておくようにしてください。

それでは、順番に解説をしていきますね。いくつかのブロックがありますから、それに合わせて進めるようにしてください。


1.導入の部分

最初に、導入があります。この企画の意図であったり、どんなことを言いたいのかを明確に示す部分ですね。ここが漠然としたままですと、聞き手の興味を引くことが出来ませんから盛り上がりのないプレゼンなどになってしまうことがあります。なので、分かりやすく簡潔に導入を説明するようにしてください。

2.企画の背景

この企画を提案することになった、キッカケを説明するところですね。具体的なデータであったり、市場動向などのアンケート結果などが提示できれば分かりやすいです。つまり、どういった問題があって、どういう解決を望むのかということです。

3.企画の目的

この提案のゴールを説明します。具体的に、どういったメリットがあるのかを提示するところですね。ここで明確なメリットを理解させなければ、企画の意味が無くなります。聞き手がワクワクするようなビジョンを説明できるように心掛けてください。

4.コンセプト

提案内容を一言で表す部分ですね。面白い切り口で説明できれば、それだけで興味を引く内容となります。ここはセンスが必要なので、しっかりと考えてほしい部分ですね。具体的で明確なコンセプトを伝えられるように、試行錯誤をしてください。

5.行動プラン

実際に、どのような行動をするのかを示します。問題を解決できるような提案ということですね。これは、実現可能なリアリティが重視される部分なので、再現性にこだわって説明できるように心掛けてください。誰でもできるくらいに、かみ砕いて細分化することが理想です。

6.予想される障害

行動をしていく中で、どのような障害が予測されるのかを提示します。考えられる問題をすべて洗い出して、それを防ぐ方法を紹介しましょう。予想外の事態に慌てないためにも、可能な限りリストアップすることが重要ですよ。

7.スケジュール

解説した内容を、どのような順序で実践していくのかというスケジュールです。小さな目標を設定して、それを確実に達成できる方法を提案していきます。具体的であるほど良いものですから、しっかりと提案してみてください。


流れに沿って分かりやすく解説する

上記のフォーマットに従って企画書を作れば、自然と理解しやすい流れになります。あとは、企画の内容が良ければ、ちゃんと評価されるでしょう。自分のアイデアを形にするために、しっかりと提案が出来るようにしてくださいね。